南須釜念仏踊り|福島県玉川村

未来(あす)が輝く村づくり、”元気な”たまかわ

なし

あり

ふりがな

文字サイズ

標準

特大

南須釜念仏踊り

玉川村ホームページトップ > 玉川村について > 南須釜念仏踊り

南須釜念仏踊り【県重要無形文化財】

みなみすがまねんぶつおどり

亡くなった親族の御霊を供養するために踊られる念仏踊り。
ここ玉川の念仏踊りは、まだあどけなさの残る少女たちによって踊られ、見るものを引きつけて離さない不思議な魅力にあふれています。
毎年春の大寺薬師祭の4月3日と夏の8月14日に新盆の家々をめぐり踊られる念仏踊り。その舞台となる南須釜の東福寺境内には「寛延元辰(一七四八)九月吉日念仏供養結衆敬 白」という念仏供養塔があり、当初は 15,6歳の男女によって踊られていたことが知られています。
大正4年で中断し、昭和27年に途絶えていた踊りを大野ケサさんの記憶をもとに再興させました。
念仏踊りの踊り子は7~12歳位までの少女で、約20名ほどで構成され、南須釜念仏踊保存会によって踊りの指導や管理運営が行われています。
少女たちの衣装は、もとは元禄の小袖だったのが春は振袖、夏は浴衣で裾からげに膝までたくしあげて、その下に鮮やかな赤い蹴出しと脚絆をのぞかせます。そして、たすきがけをして手甲、白足袋と草履をはき、花や切り紙で彩られた綺麗な妻折笠をかぶり、手には白扇子と綾竹をもち、踊りにあわせて使い分けます。
昭和50年5月30日福島県重要無形文化財に指定されました。

このページに関するお問い合わせ先

【産業振興課 商工観光係】
〒963-6392 福島県石川郡玉川村大字小高字中畷9 電話:0247-57-4629